魚を釣る楽しさ、川や、海へ釣りに行く楽しさを広めたい。そんなブログです。

Blessings of nature

釣り具インプレ

ツララ ロイラ52インプレ

投稿日:

こんにちは。

前回に続き今回もインプレを私なりの目線で書かせていただこうと思います。

今回のロッドはツララ ロイラ52についてです。

最後までお付き合いくださいm(_ _)m

ロイラ52とイトウ

今回書かせていただくロッドはツララのオフィシャルサイトでBOMBADA TERU氏がこう語っています。


ツララホームページ ロイラ52

「この日本において多用されるルアーサイズにマッチした、最も重要なセクションのロッドと言えるでしょう。」

(上記サイトより引用)

クプアスを購入以降、もう少し強めのロッドを探していたところ目にとまったのがこのロイラ52でした。

まさしく私にとってはど真ん中だと思いました。

所有していたロッドにはない中間クラスのロッドで私の注目したところは

レングスは5.2ft

ルアーウェイトは5~25

まずこの2点でした。

渓流釣りメインの私ですが、ちょっとだけ重たい物を投げたい時に困る時がありました。レングスは5ft前後で探していたのでその点もバッチリ自分の条件に合いました。

増水時や、流れが早いところや大場所のボトムを狙う時に軽量ルアーだけでは攻めきれない場合があります。

こんな時に重たいスプーンやバイブレーションを使えたら…とか、もうすこし大きめのミノーを投げたい!と思うシチュエーションにも遭遇します。

クプアス48だけではカバーができない事もあります。

そして小型のミノーでは反応がなくてもルアーチェンジをして大きめのミノーにのみ反応する事もあります。

無理をしてオーバーウェイトでキャスト出来たとしてもルアーアクションがままならないのでもうすこし強めなロッドを…と思うと所有しているものだとオーバーパワーでファイトの楽しみが半分になってしまうこともありました。

ラインシステムから強めにしてパワーファイトをする方もいますが、私は魚との駆け引きを楽しむ事も重要と考えていました。

そんな考えの中選んだのがこのロイラ52でした。

ロイラ52

ワンアンドハーフのロッドです。

「強すぎず、弱すぎず、芯のあるロッド」

キャストをしてみると力まずにテイクバックを入れてパワーを溜めて放出する時の弾道の美しさに驚きました。

そしてクプアス同様軽く指でトントンとやるだけでもルアーアクションがつけられます。

ロイラという名前だけに女性が使用する事も考えてなのか力を入れなくてもアクションをつける事が出来ます。

実際の釣行ではリールはアブガルシアALC BF7をセットし、ルアーは私がテスターをさせていただいているi Jet Link の8gから16gのスプーンをメインにイトウ釣行で使用しました。

キャストについては5gのスプルト(スプーン)でもしっかりと決まります。

ロッドのベンディングカーブも美しく、魚の息遣いを感じるといえばいいのか、魚とのやりとりを楽しみながら70センチ位のイトウは安心してキャッチ出来ました。

ロイラ52とイトウ

ロイラ52とイトウ

その他中流域で40センチくらいのアメマスやブラウントラウトも釣りましたが、しっかりとトラウトとの駆け引きを楽しむ事が出来ました。

ロイラ52とアメマス

ロイラ52とブラウントラウト

渓流釣行で、大型のニジマスやブラウントラウトを釣る時にとても楽しいロッドだと思います。

そして渓流は本流や止水と違って精密なキャストが重要となってきます。

バックハンドやブラジリアンフリップなどでカバーを狙ったり、立ち込めないところにコンパクトな動作で撃ち込める頼りになるロッドです。

ブラジリアンフリップはまだまだ私も練習をしております。

キャストの可能性を含めいろんな楽しみ方が出来るロッドだと思います。

私は状況やターゲットによってクプアス48とロイラ52を渓流域で使い分けています。

「いろんなウェイトのルアーを操作して少し大きめの魚を釣って楽しみたい。」

そんな方にオススメのロッドだと思います。

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

ではまた(^-^)

 

-釣り具インプレ
-, ,

Copyright© Blessings of nature , 2020 All Rights Reserved.